病気と人生を前向きにしよう!

dodaチャレンジの費用は?完全無料の理由や口コミと登録手順を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

こんにちはmasa3です。

dodaチャレンジといえば障害者の人材紹介サービスの大手ですが、費用について気になるところです。

そこで今回は、dodaチャレンジについて

  • 完全無料で利用できる理由
  • 利用者の口コミや評判
  • 登録の方法や手順

について解説していきます。

>> dodaチャレンジの公式サイトへ <<

dodaチャレンジの費用|完全無料の理由を解説

それではさっそく、dodaチャレンジの費用について確認していきましょう。

まずタイトルの通り、dodaチャレンジの利用に料金は一切かからず、完全無料で利用できます!

当たり前に利用している人もいるようですが、なぜ無料なのかご存知でしょうか?

こちらは、dodaチャレンジに掲載されている内容を抜粋しました。

手数料に関して

求職者の皆さまにつきましては、職業安定法第32条の3第2項の定めにより、一切の手数料は発生いたしません。
手数料に関しては、求人者から徴収いたします。

出典:dodaチャレンジ

dodaチャレンジは「職業安定法第32条の3第2項」によって求職者から料金を徴収することはなく求人者、つまり企業側から徴収します。

職業安定法第32条の3第2項有料職業紹介事業者は、前項※1の規定にかかわらず、求職者からは手数料を徴収してはならない。 ただし、手数料を求職者から徴収することが当該求職者の利益のために必要であると認められるときとして厚生労働省令で定めるときは、同項※2各号に掲げる場合に限り、手数料を徴収することができる。
出典:https://thoz.org

※1:職業安定法 第32条の3第1項
※2:職業紹介事業者の紹介手数料に関する職業安定法

内容が複雑なのでまとめると、

特別な場合をのぞいて求職者から手数料を取ってはいけません。
求職者から手数料を徴収する場合は、厚生労働省へ事前に手数料表を届け出ないといけません。

このような内容でした。

つまり、dodaチャレンジは求人を出す企業側から手数料をもらって企業活動をしていて、求職者からは料金を徴収してないんですね。

ちなみに、求人側(企業側)はどのくらいの費用を払うのかというと、

着手金 :1求人あたり200万円
成功報酬:求職者の年間賃金の最大100%

たとえば、事務の社員を1人、年収300万円で採用した場合は以下です。

着手金:200万円+成功報酬:350万円(最大)=550万円

これが求人した側からdodaチャレンジに支払われます。

つまり、人の採用には求人者と人材紹介者の間で大きなお金が動いているから、休職者がタダで利用できるわけです。

僕たち求職者は知らずに活動していましたが、これだけ大きなお金が動いているなら企業側もdodaチャレンジも適当なことはできませんね。

dodaチャレンジの口コミ・評判

いくらdodaチャレンジが無料で利用できたからといって、良い案件がなければ意味がないですし、求人がたくさんあるといって障害者向けのものじゃなければさらに意味がありません。

そこで、ここでは利用者がどのような評価をしているのか、の口コミや評判を確認していきましょう。

ここからは利用者のリアルな声を、Twitterから【良い評判・悪い評判】で紹介します。

dodaチャレンジの【良い】評判・口コミ

https://twitter.com/owata19811121/status/1203240167441436672?s=20
https://twitter.com/omutsuitter/status/1288378089278324737?s=20

dodaチャレンジは、求人数の多さや給料の高さ、きめ細かいフォローが良い口コミや評判に挙がっていました。

障害者の転職サイトでは、業界トップクラスの求人数を誇っているので、他のエージェントよりもマッチした求人を見つけやすく、担当者の方の対応も親切丁寧という印象です。

そもそも、dodaチャレンジの社員の60%は障害者雇用というので、求職者の悩みもより理解してくれるんでしょうね。

dodaチャレンジの【悪い】評判・口コミ

悪い口コミや評判は、障害の内容や経歴によって紹介できる求人がないというものが多く挙げられていました。

dodaチャレンジもボランティアじゃないので、企業が求めない人を無理に雇ってもらうわけにもいかないでしょうし、求人に見合った人材になるために少しスキルアップを検討してみるのが良さそうですね。

幸いなことに障害者は就労移行支援を利用できるので、学べば求人がないという悩みは解消されるはずです。

dodaチャレンジの登録方法や利用手順を解説

はじめて転職サイトを利用するときってどんな流れで就職まで進むのか分からなくて不安ですよね。

そこで、ここではdodaチャレンジの登録方法から利用の手順をわかりやすく解説していきます。

dodaチャレンジは非公開求人合わせて2,500もの求人数を誇る大手転職サイトです。

90%以上が、非公開なので登録しないと損ですね。

STEP1:dodaチャレンジへの会員登録

出典:dodaチャレンジ

まずはじめにdodaチャレンジの公式サイト から会員登録をします。

公式ページ内の「転職支援サービスにいますぐ登録(無料)」をクリックして申込フォームに必要事項を入力します。

出典:dodaチャレンジ
申込フォームの入力内容
  • 名前
  • フリガナ
  • 性別
  • 生年月日
  • 郵便番号
  • 住所
  • 電話番号(自宅・携帯)
  • メールアドレス1
  • メールアドレス2
  • 手帳種類
  • 手帳等級
  • 障害内容
  • 就業状況
  • ハイキャリア転職支援利用希望
  • 学校区分
  • 卒業(見込み)
  • 転職理由
  • パスワード
  • パスワード確認

入力が完了し、利用規約・個人情報の取り扱いについて同意したら下部の「同意して確認画面に進む」をクリックします。

入力内容を確認して間違いなければ最後に「送信」ボタンをクリックして完了です。

出典:dodaチャレンジ

会員登録が完了したら、dodaチャレンジから連絡が来るので待ちましょう。

連絡が来たら、アドバイザーとの面談の日程を調整します。

ちなみに、登録したときに適正な求人がない場合は、サービス提供ができない旨の連絡が届きます。

ただし、登録内容の抜けや漏れでも、経歴がないと見なされてしまうことがありますので、登録情報はしっかり入力しましょう。

STEP2:キャリアアドバイザーと面談・カウンセリング

日程が決まったら、キャリアアドバイザーと1〜2時間程度のカウンセリングを行います。

通常は日程を調整して最寄りのオフィスへいきますが、2020年は新型コロナウィルス感染対策のため電話面談になっています。

必要書類は全てマイページ上にアップロードして共有できるようになってるので、必要なところはどんどん入力していきましょう。

 必要書類 
・職務経歴書

・障害者手帳

・証明写真

ちなみにオフィスは3カ所あります。

  • 本社
    東京都港区芝5-33-1 森永プラザビル本館18F・19F
  • 大阪オフィス
    大阪府大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪タワーB 17
  • 中部オフィス
    愛知県名古屋市中村区名駅3-28-12 大名古屋ビルヂング14

詳しくは>>>dodaチャレンジの面談場所とアクセス方法|面談から転職までを解説<<<で解説しています。

STE P3:求人紹介・応募

面談の際は、これまでの経験や能力、キャリアなどについていろいろとヒアリングしてもらって適正な求人を紹介してもらいます。

面談の際は、障害や職業などについて、できることとできないこと、働き方や希望年収などをアドバイザーに伝えましょう。

はじめから希望を絞ってしまうと 「求人がない!」なんてこともあり得ますので、まずは広めに求人を見ていきましょう。

価値観は人それぞれですが、年収などいっときの感情に惑わされて会社を選んでしまうと、後から後悔することになりかねません。

給料のような後からいくらでも変わる可能性のあるものは最優先にせずに、変えることのできない働く環境や人をよくみてみましょう。

変えられないところを重視すれば、長い定着率につなげられます。

STEP4:キャリアアドバイザーと面接対策

dodaチャレンジは、掲載情報に直接応募することはできません。

希望の求人が決まったら、専任のキャリアアドバイザーに伝えて応募の準備を進めましょう。

dodaチャレンジは、履歴書や職務経歴書にキャリアアドバイザーの推薦状をつけて直接応募してくれるうえに面接の日程も調整してくれるので、求職者が何かすることは特にありません。

いよいよ書類選考が通って、企業の担当者と面接に進むことが決まったら、キャリアアドバイザーに模擬面接といった面接対策をしてもらいます。

dodaチャレンジは利用者が多いため、企業がどんな質問するのかといったノウハウを持っています。

そのため、質問内容に対する返答をしっかり考えておけば、ほぼ面接で聞かれることを網羅できるので、何を聞かれるかわからない不安も薄れますし、回答の添削もアドバイザーが行ってくれるので、いきなり本番という緊張は減りますね。

さらに面接の後のフォローも企業へおこなって、フィードバックもしてくれます。

給与交渉から面接を終えた後の企業の反応などもフィードバックしてもらえるので安心感はかなり大きいですね。

STEP5:内定・入社後もフォロー

無事に面接が通過して内定をもらえたら、「あとは入社して終わり」じゃないのがdodaチャレンジの良いところ。

入社後も「1ヶ月・3ヶ月」でフォローをしてもらえます。

なぜならdodaチャレンジは、入社から6ヶ月以内に退職すると返金が発生する仕組みになっています。

入社日より1箇月以内の退職の場合成功報酬の80%の返戻をいたします。
入社日より1箇月超え3箇月以内の退職の場合成功報酬の50%の返戻をいたします。
入社日より3箇月超え6箇月以内の退職の場合成功報酬の5%の返戻をいたします。
出典:dodaチャレンジ

この返金制度が評価されて利用する企業が多いのでしょう。

dodaチャレンジは圧倒的な企業数があるので、アフターサポートの手厚さが評判で企業も求職者も集まるんですね。

>> dodaチャレンジの公式サイトへ <<

迷うならはずは相談【行動が正解】

dodaチャレンジは、人によって求人がないという口コミが多いので、登録しようか迷う人も多いかもしれません。

実際に障害者の求人サイトはいくつもありますし、ハローワークに行けば他で扱っていない中小企業も掲載されています。

ただ、迷って行動しないよりは、まず行動することが大切

行動しなければスタート地点には立ってないわけでして、行動したら実は良かったっていう結果もたくさんあります。

僕の場合も、障害者の転職エージェントに3つ登録して転職活動へ行動した結果、今の安定して働ける環境に巡り合うことができました。

つまり ”スタートしなければゴールはない” わけですね。

まずは行動してみましょう。

もし、いい結果が出なかったとしても、その結果からがまた新たなスタートです。

今の自分を理解して、次へ行動をすれば悩みは解消していくはずですよ。

>> dodaチャレンジの公式サイトへ <<

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

関連記事

Twitterをフォロー

テキストのコピーはできません。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。