病気と人生を前向きにしよう!

アットジーピーハイクラスの年収は低い?評判や利用条件を調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

アットジーピーの求人って年収低いでしょ?
障害者でもハイクラスの転職はできるの?
利用条件や評判も気になる・・・

このような疑問にお答えします。

こんにちはmasa3です。

転職のときに重要な基準のひとつが年収ですが、できることならより良い条件で転職したいですよね。

そんな願いを叶えるのが、アットジーピーの提供する『atGPハイクラス』です。

とはいえ、ハイクラスといっても障害者では年収が低そうと思う人もいるでしょう。

また、どんな利用条件があって費用はいくらかかるのか、年収はいくらくらいなのか気になりますよね。

そこでこの記事では、アットジーピーハイクラスの利用条件や料金、年収などの疑問について解説していきます。

【結論】アットジーピーハイクラスの年収は低くない

結論、アットジーピーハイクラスの年収は低くありません。

atGPハイクラスは年収500〜1000万円のキャリアアップ転職です。

日本人の平均年収は436万円。国税庁の民間給与実態調査(令和2年9月)

最低基準の500万円でも、平均年収を大きく上回っています。

年収500万円の内訳例
・給与:33万円 × 12ヶ月 = 396万円
・賞与:50万円 ×   2ヶ月 = 100万円

年収436万円の内訳例
・給与:28万円 × 12ヶ月 = 336万円
・賞与:50万円 ×   2ヶ月 = 100万

単純に月の収入が5万円も違います。

でも、そんなたくさんの求人はないでしょ?

アットジーピーから年収500万円以上の求人に絞って検索したところ、なんと100件以上の求人を掲載しています。(2020年11月)

公開してる求人数が1000件くらいあるので、”10%はハイクラス求人” で、さらに非公開求人も合わせたらかなりの求人数になますね。

atGPハイクラスなら最低でも年収500万円は保証されてるので年収を意識する人にとってはメリットが大きいですね。

atGPハイクラスとは?

出典:atGPハイクラス

atGPハイクラスは管理部門の転職に強い、年収500万円以上を目指す障害者専門の転職支援サービスです。

求人内容は、「経理・法務・人事」といった管理部門の求人が多めですが、ITエンジニア、webマーケティングの求人もあります。

そのほかにも経験からポジション開拓が可能な場合もありますので、まずはアドバイザーへ聞いてみるのがおすすめです。

ただし、経歴によってはハイクラス求人がないこともありますが、サービスを使えないわけではないので心配はないです。

atGPハイクラスの求人数は?

atGPハイクラスの求人基準、年収500万円以上の求人を検索すると200件以上の求人がありました。(2020年調査)

ただし、ハイクラスの求人はアドバイザーから紹介してもらうため基本的に非公開になっていて自分では検索できないようです。

ということはatGPハイクラスの求人を合計すると、年収500万円以上の求人は300件を超える可能性があるかもしれません。

atGPハイクラスの疑問を解決

ここからはatGPハイクラスの疑問をさらに深掘りしていきます。

atGPハイクラスの利用料金は?

atGPハイクラスの利用料金は無料です。

そもそも、アットジーピー の求職者側のサービスはすべてを無料で利用できるので、途中で退会しても転職しなくても完全無料です。

詳しくは、>>> アットジーピー(atGP)の料金は?完全無料の理由や人気・安心度を解説 <<< で解説しています。

障害や年齢など利用条件は?

atGPハイクラスは、職務履歴があって障害者手帳を持っている人が対象です。

手帳を持ってなくても、取得の予定があれば利用は可能です。

年齢制限はありませんが、新卒の学生や働いた経験がない人は対象外です。

一部の人しか利用できないでしょ?

atGPハイクラスは一部の人しか利用できないわけではありません。

なぜならアットジーピーに登録するときに、ハイクラスの求人紹介を希望することができるからです。

登録のときに「ハイクラスを希望する」欄にチェックしたら、あとは該当する求人があれば、スカウトメールやアドバイザーから紹介してもらえるといったっ感じです。

ただし、経験やスキルによってはハイクラス求人の対象にはならないかもしれません。

とはいえ、希望しておかないと紹介してもらないので、収入を増やしたいなら希望は伝えるべきですね。

転職するか迷ってます・・・

アットジーピーは無理に求人を紹介してくることはありませんでした。

転職市場の専門家が自分のキャリアを客観的に見て評価してくれるので、自分のスキルが市場でどのくらいの価値があるのか確認してみる機会として利用してみましょう。

そもそも転職エージェントに登録しておかなければ、条件の良い会社があったとしても出会えなくなってしまいますからね。

転職するか迷っているなら、まずは情報収集でも行動するのが正解かと。

atGPハイクラスの評判は?

実際にatGPハイクラスで転職した人の評判も確認していきましょう。

年収:550万円 ▶︎ 630万円
上肢障害5級・36歳

大手企業の人事総務部で入社5年目。中途採用担当としての経験を積むことができたものの、少し縦割りな社風からキャリアアップは難しいのではないかと感じていました。また、人材業界ということもあってか、かなり人員が流動的であり、もっと腰を据えて働きつつ、取り組む業務の幅を広げられたらという思いがありました。
転職後は小規模な組織内で、採用担当としての業務を軸足に、これまで経験を積んできた総務・労務系の業務も幅広く担当しています。

年収:420万円 ▶︎ 500万円
四肢機能障害4級・28歳
新卒で入社。知的財産部として独立した部が存在する企業体質上、法務部との連携には上長を必ず介する必要性があり、自分自身で知財法務を学んでキャリアアップしていくことが難しいと感じていました。大変愛着のある会社ではありましたが、20代のうちにもっと幅広い経験を積める環境があればチャレンジしてみたいという思いがあり転職を決意。
転職後は国内外における知的財産関連業務はもちろん、新技術に関する特許関連業務も併せて担当すしています。法務部内の一担当として知財チームが存在するため、より希望するキャリアに近い環境を手に入れることができました。

年収:500万円 ▶︎ 570万円
下肢障害4級・36歳

前職ではキャリアアップの道筋が見えず、難関資格習得を目指して1年前に退職。引き続き資格習得に取り組んでいくか、一度企業に入ってもう一度キャリアをつくっていくか悩んでいました。アットジーピー に登録すると前職よりも小規模・少し年齢層の高い、経理(会計、決算、税務、管理会計)チームにおける幹部候補としてのオファーをいただきました。これまでの経験を軸に経験を積んでもらいつつ、管理会計の仕組みを導入していくプロジェクトメンバーとして期待していただけました。

アットジーピー(atGP)ハイクラスの利用方法

疑問を解消できたら、atGPハイクラスの利用方法を確認しておきましょう。

まずは、アットジーピー【atGP】の公式サイトから利用登録します。

登録手順は、>>> アットジーピー(atGP)の電話番号と問い合わせ方法|登録手順も解説 <<< で解説しています。

登録の申し込みが進んで画面を下へ進めると、「サービス利用希望」に『atGPハイクラス』のチェックボックスがありますので、チェックを入れましょう。

出典:アットジーピー【atGP】

あとは、手順に沿って登録を進めるだけです。

登録が完了すると、専任のキャリアアドバイザーと面談を行うので、さらに詳しく経験や希望を伝えれば希望にあった求人を紹介してもらえます。

面談については、>>>【最新】アットジーピー (atGP)の面談を体験したのでカウンセリングの流れを解説 <<< で詳しく解説しています。

やりがい・年収アップならatGPハイクラスへ相談

アットジーピーのハイクラスサービスではしっかり配慮を受けながら、キャリアを活かすことができる企業がたくさん存在します。

さらに、健常者では入社できないような人気企業が多数掲載されています。

僕は障害者になったことで、大手企業の求人がある上に年収アップのチャンスまであるのは大きなメリットだと思います。

せっかくスキルや経験があるのに、「障害があるから・・・」とあきらめてしまう前に、まずは相談してみてはいかがでしょう。

それでは、より良い転職が叶うよう応援しています!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

関連記事

Twitterをフォロー

テキストのコピーはできません。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。