病気と人生を前向きにしよう!

仕事が辛いならまず逃げよう!人生は会社ではなく自分のためにある!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

こんにちはmasa3です。

2018年6月29日に成立した働き方改革法案が2019年4月1日から改正法が適用開始されました。

法律の改正で社内の環境が変わった人もいるようですが、施行は大企業でスタートしたばかり。

中小企業は、翌年2020年からの施行予定のため、すべての企業で残業に対する罰則化の適用にはまだ時間がかかりそうですね。。。

スタートしたばかりでは基準の分からない人も多く、雇っている会社側も把握していないのが現状です。

それが中小企業となると、少ない人数で運営している側としては

把握しても適用できるかどうか。。。

把握すらできるかどうか。。。

1つ救いなのは、罰則の基準が明確になったことで、違反していれば労働基準監督署から注意され、改善が見られなければ営業停止などの対応を取られること。

働く側としては、安心して働きやすくなる反面、会社が回らなくなってしまえば給料がもらえなくなってしまいます。

しかしそれを避けようとすると、タイムカードを打って帰社したことにして ”サービス残業” なんてことが出てくる可能性も起こってしまいます。

もしも職場の環境が悪くて

  • 上司や人事に相談しても変わらない
  • 相談すらできる雰囲気じゃない

ような職場なら、無理して在籍する必要はありません。

それよりも、心や体を休めて復帰に備えたり、より良い環境へ移ることを考えた方が良いかもしれません。

なぜなら、人手不足の現代は条件の良い環境がたくさんあるからです。

それなのに、なぜ休職や転職をする人が少ないのでしょうか?

仕事が辛くて我慢してる人は「働き方改革」を知ろう!

働き方改革は2019年4月からスタートしましたが、「大企業」「中小企業」では施行日が違います。

まずは働き方改革の内容を知って、胃j分の働いている会社はどのくらい健全なのかを知ってみましょう。

もしも、適用されているのに「自分の会社は違う」と思うことがあるなら就業規則がどうなっているか確認してみましょう。

大企業と中小企業の違い

中小企業は、下の厚生労働省の「中小企業の定義」に当てはまる企業で、下の表に当てはまらない企業を「大企業」と分別しています。

つまり、下表①②いずれにも当てはまらなければ大企業として扱われます

出典:厚生労働省京都労働局「働き方改革関連法の主な内容と施行時期」

働き方改革の内容

働き方改革にはいくつかの内容があります。

【大】:大企業 / 【小】:中小企業

残業時間の罰則付き上限規則

【大】2019年4月〜 【小】2020年4月〜

  • 労働者の過労死等を防ぐため、残業時間を原則月45時間かつ年360時間以内、繁忙期であっても月100時間未満、年720時間以内にするなどの上限が設けられ、これを超えると刑事罰の適用もあります。

5日間の有給休暇取得の義務化

【大】2019年4月〜

  • 年10日以上の有給休暇が発生している労働者に対しては、会社は必ず5日の有給休暇を取得させなければならない義務を負うことになります。

勤務間インターバル制度の努力義務

【大】2019年4月〜

  • 疲労の蓄積を防ぐため、勤務後から次の勤務までは、少なくとも10時間、あるいは11時間といった、心身を休める時間を設けることが望ましいとされ、努力義務が設けられます。

割増賃金率中小企業猶予措置廃止

【大】以前より適用 【小】2023年4月〜

  • 中小企業には適用が猶予されていた、月の残業時間が60時間を超えた場合、割増賃金の割増率を50%以上にしなければならないという制度が全ての規模の企業に適用されるようになります。

産業医の機能強化

【大】2019年4月〜

  • 従業員の健康管理に必要な情報の提供が企業に義務付けられ、その一環として事業主には客観的な方法での労働時間把握義務が課されることになります。

同一労働同一賃金の原則

【大】2020年4月〜【小】2021年4月〜

  • 正規・非正規の不合理な格差をなくすため、判例で認められてきた「同一労働・同一賃金の原則」が法文化されます。

高度プロフェッショナル制度

【大】2019年4月〜

  • 年収1,075万円以上で、一定の専門知識を持った職種の労働者を対象に、本人の同意等を条件として労働時間規制や割増賃金支払の対象外とする制度が導入されます。

3ヶ月のフレックスタイム制

【大】2019年4月〜

  • 最大で1ヶ月単位でしか適用できなかったフレックスタイム制が、2ヶ月単位や3ヶ月単位でも適用することができるようになります。

なぜ仕事が辛くても逃げられない?

給料は労働の対価です

嫌な仕事でも、会社に所属している限り ”やらなければいけない” と思われています。

しかし、辛い仕事や人間関係のトラブルが原因で心を病んでしまい、退職する人は労働者の30%(労働政策研究・研修機構の調査)にもなります。

日本の労働は海外先進国と違い、仕事の範囲が曖昧と言われています。

営業なのに事務もやったり、事務なのに営業もやったり、未経験の分野なのに結果やクオリティを求められることも少なくないです。

日本の労働者は ”雇ってもらってる” という感覚で働いている人が多く、労働者が弱い立場と捉えてるのが現状です。

海外先進国の労働者は、雇用者よりも強い立場にあって契約がはっきりしています。

さらに、海外先進国の労働者は仕事に対し

お金を得るためのもの

という考えが強いため

  • 基本的に残業はしない
  • 契約以外の仕事はしない

つまり、無理して余計なストレスがかかることはしないし、させないそうです。

もちろん日本人もお金のために働いているのは同じですが、 ”我慢する国民性” という特徴もあり、嫌なことを乗り越え成長があると考えて無理をしてしまいがちです。

その無理が積み重なることで、心を病んでしまう人が多いのです。

気付いた時には取り返しのつかないことになりかねません。

仕事が辛いと感じたらまず逃げよう

  • 仕事が辛い
  • もう無理
  • やめたい

と感じたらその気持ちは ”甘え” なんかではなく、心や体の危険サインかもしれません。

  • 仕事量が多過ぎる
  • 給料が低過ぎる
  • 休暇を取らせてもらえない
  • 仕事をまともに教えてもらえない
  • パワハラやいじめを受けている

こんな状況でも、耐えれば改善すると思えるでしょうか?

どんな人でも、この状態が続けば心を病んでしまうでしょう。

  • もう少し頑張れば
  • 慣れれば

この先に明るい未来が待っているのでしょうか?

2018年8月に厚生労働省は、「労働安全衛生調査(実態調査)」の結果をまとめました。

その調査では「現在の仕事や職業生活に関することで強いストレスとなっている」と感じる事柄がある労働者の割合は58.3%と6割近い労働者が強いストレスを感じながらも働き続けている現状が明らかになり、働き方改革がより重要視されたことがわかります。

下の表が、「平成29年 労働安全衛生調査(実態調査)」の結果です。

出典:https://www.mhlw.go.jp/toukei/list/h29-46-50b.html

ストレスを感じる割合は

  • 仕事の質・量:62.6%
  • 仕事の失敗、責任の発生:34.8%
  • 対人関係:30.6%

という具合です。

これから働き方改革が始まったことで、働きやすい環境や、労働者が酷使されない環境へと変わっていくでしょうが、時間はまだまだかかるでしょう。。。

なので、もし強いストレスを感じるような場合、無理をして追い詰めてしまい取り返しのつかない状態になる前に、上司や人事へ相談してみましょう。

上司や人事へ相談の余地が無ければ、心療内科の医師に相談して、診断書をもとに休暇を申し出るのが最善です。

有給休暇があれば、それを休暇に充てて長期の休みを取得できるはずです。

もしも有給休暇が無ければ、傷病休暇が1年半取得できます。

すぐに退職するのも方法ですが、「次の仕事が決まっていない」「転職活動する時間さえない」ならまずは休みを取って正常な状態に戻してあげるのが先決です。

その間に転職活動をするのも一つですから。

”仕事をする” にも ”好きなことをする” にも健康な心と体があっての生活ですから無理はせず、まずは休みを利用しましょう。

傷病休暇、失業保険、生活保護といった制度は、生活に困った人のためだけじゃありません。
人生逃げたくなったら?心身を休めるための知っておきたい制度!
で具体的な制度について解説して
います。

働く環境次第で仕事がすきになるかも

辛いと思う仕事は無理しないで休んだ方が得策と言いましたが、成長する上では少しくらいの辛さがなければスキルアップには繋がらないのも事実です。

そのバランスが難しくて、多くの人は無理をしてしまうのですが。。。

1日の半分近くを過ごす仕事だからこそ「仕事に行きたい!」「仕事に行くのが楽しみ!」と思えたら、毎日がより楽しいですよね。

好きな仕事につけている人は、仕事を辛いと思わず、寝ても覚めてもそのことばかり考えているような人もいます。

ただし、ほとんどの人は生活のために仕事をしてい、好きなことを仕事にしている人の割合は15〜30%程度のようです。

就業者は6710万人いるので、1000〜2000万人が好きな仕事につけています。

ということは4700〜5700万人はお金を稼ぐために仕事をしているということです。

さらに好きじゃない仕事だったとしても働く環境が良ければ、会社を通じて仕事が好きになるかもしれません。

ということは、好きではない仕事についている人が「辛い」「もう無理」と感じたら「辞めたい」と思うのが普通です。

「働くこと自体が嫌い」というならしょうがないですが、そうでなければ環境次第で働く人の意識は変わって行きます。

例えば

  • 上司が、叱責やイヤミしか言わない環境であれば、部下のモチベーションは上司がいる前では高くても見えないところでは気を抜いてしまう
  • 上司が感謝や賞讃するような環境だったら、部下は上司のためにも成果を上げたいと、見えないところでも高い意識で行動する

どっちの会社で働きたいかは明白ですよね。

仕事が辛いと思ったらどう乗り越える?

仕事が辛いのは、60%近くの人が感じている強いストレスからもわかりますが、体が出す危険サインにはどういった症状が出るのでしょうか。

SOSを見逃さない

  • 突然涙が出る
  • 吐き気
  • 腹痛
  • 頭痛
  • 動悸
  • 眠れない
  • 朝起きれない
  • 体が動かない
  • 食欲がない
  • 味すらしない
  • 息が苦しい
  • 無気力
  • 休みの日も仕事のことが頭から離れない
  • 休日はぐったりして終わってしまう

これらの症状が出ているなら、うつの手前…鬱を発症しているかもしれません。

自身から発するサインを見逃さないように、気付いてあげられるのは外でもない自分だけです。

自分がいる場所だけが全てではないことを理解して、休養だけじゃなく転職も視野に入れて過ごしましょう。

最悪の事態に備えて逃げ道だけは作っておくことが、今の職場で完全に潰れてしまう前に緊急避難できる選択肢の一つです。

エージェントへ登録だけしておいても、他の世界もあることを実感でき、少しは気持ちも楽になるでしょう。

転職がしやすい時代

出典:厚生労働省https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000192005_00001.html

リーマンショックから求人数は回復し、今は希望すればいくらでも職が見つかる売り手市場になりました。

有効求人倍率はバブル期の1.43を超え、1.63を記録しました。

つまり、100人の求人に対して163の求人があるということ

それが今の職場に耐えられないストレスを感じているなら、求職者に有利な時代を利用して、他社をリサーチしない手はないです。

全ての条件に当てはまる完璧な会社を見つけるには、自分で会社を作るしかありませんが、優先順位をつけて条件が多く当てはまる企業を選べば、今よりも良い条件の企業はいくらでもある時代です。

きっとその様な会社は、真面目に頑張っているような人を必要としていて、相性さえ合えばすぐにでも移れてしまうのです。

「仕事は辛いもの」は古い

おそらく新卒で仕事を始めると、ほとんどの人が仕事を辛いと感じるかもしれません。

しかし、社会人経験を積んでも辛いと感じるなら、「仕事は辛いもの」という解釈を捨てて自身のケアをし始めることを考えましょう。

心の辛さは目で見ることができず、測ることもできません。

そして人の心は想像以上に壊れやすいのに、無理をしてしまいがちですが、一旦壊れてしまったら修復がきかない大切なものなので大事に扱わないといけません。

となると、「まだ頑張れる!」という気持ちは誰のためでもない、自分を壊す行為でしかないわけです。

さらに、壊れてしまったとしても、会社は一生あなたの面倒を見てくれるわけではありません。

これは傷病休暇の期間にも記載されていますが、休暇可能な期間は1年半までです。

これを過ぎて復職できなかった場合、会社は解雇にすることができます。

人生で長い時間を過ごす職場は本当に大切な場所です。

昔は、終身雇用が当たり前で我慢をする人が多くいたようですが、今は働く場所を変えながら自分にあった最適な職場を見つけることができる時代です。

辛い時は、我慢してしがみつく必要は一切ないことを知り、逃げることが自分を成長させることにもなると理解しておくべきです。

この記事では自分の価値を上げ方について解説してます。
人生を幸せにするには?自分の価値を上げると、より生きやすくなる!

休養を取ったら考えること

心や体を労わ流為に休みを取ったら、自分のためにしっかりと休養して回復に努めましょう。

その時は ”楽しいこと” だけにこだわっていいと思います。

もちろん旅行などでリフレッシュするのも良いです。

休みを取るのは壊れてしまわないため

決して壊れてしまってから休みを取るだけはないようにお願いしたいです。

心が回復して元気が出て何かに取りかかろうと意欲が湧いたら、ぜひやってほしいことが

嫌な仕事に戻らなくて済むような資格取得やスキルアップ

辛い仕事へ戻らなくて済むよう、好きになれそうな職業を探してみたり、本業だけにとらわれない働き方を進めるのも安定的に生活できる手段です。

最近では副業も解禁になり、副業で収入アップやスキルアップを目指す人が増えてきました。

稼ぎ方も多様になって、PC一つで場所と時間を選ばない稼ぎ方もできる時代です。

何が自分に合っているのか、本当に会社員だけで生活していくべきなのかを考えるには良い期間です。

例えば

  • クラウドソーシング
  • プログラマー
  • せどらー
  • ブロガー
  • ユーチューバー

会社員で働いていると、これらは非現実的に思うかもしれませんが、多くの人がサラリーマン以上の収入を得ながら、場所と時間に縛られることなく生活できているのです。

まずは、ちょっと隙間時間から始めても良いかもしれません。

未来のことを考えることが、仕事が辛くて休養を取った人が、前向きに社会復帰する方法でもあります。

まとめ

仕事が辛い!もう無理!と思う気持ちに気付けるのは他でもなく自分自身です。

仕事が好きななれるかどうかは、働く環境次第でどうにでもなりますが、辛いというサインに気付いて助けられるのは自分だけです。

見えないふりをしてしまえば、あとは自分を壊すまで耐えるだけ、つまり自傷行為を続けているようなものです。

限界を超えてしまって、心身を壊してしまった。。。

なんてことが起こらないように、自分の心は自分で守り、危ないと思ったら無理せず

  • 休む
  • 転職する
  • 個人で稼ぐ

といった方法があることも理解して、逃げてしまいましょう。

逃げるが勝ち!

なんて言葉もありますからね。

長い人生、そこで無理をしてしまったら取り返しはつきませんが、1~2年の休み程度で人生が無駄になることはないです。

かくいう私も、仕事で無理をし続け、気付かないふりをしてしまったことで

「腎不全→腎臓移植→移植した腎臓の機能低下」

と腎機能が悪くなってしまった上に、移植した腎臓までも悪化してしまいました。

もっと早く気付いて労わってあげなかったことを後悔しています。

ただ、その経験は

自分の人生をもっと大切に、好きなことをもっとやろう!

と無駄に時間を過ごさないような思いを持てるようになり、ある意味感謝しています。

これを読んでくださった人が、体や心が壊れないよう自分のケアができるよう心より祈ってます!

最後までご覧いただきありがとうございました(^ ^)

関連おすすめ記事

人生を幸せにするには?折れた心を立ち直す考え方と行動

挫折は悪くない!挑戦し続ければ人生は割と変えられる!

人生を幸せにする!勉強すれば成功する可能性は飛躍する!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

関連記事

投稿日

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。