病気と人生を前向きにしよう!

人生を後悔する前に、50歳からでも間に合うやめたい9つの習慣

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

社会に出ると日々忙しく、気付いた時には人生の折り返しの40歳を過ぎ、50歳を迎え「もう残りの時間がないからな」と諦めたり、「〇〇やりたかったな…」という後悔の気持ちに苛まれるることがあると思います。

しかし、スタートする時期や年齢は関係ありません。

「大切なのはスタートするかどうか」

なのです。

でも、今の「生活でいっぱいっぱい」、「時間に余裕がない」、と長い年月を過ごしたことでサイクルが出来上がっている人に向け、まずは今行なっている習慣の中で良い影響のない、やめるべき習慣を9つご紹介します。

もしも、日々の中で時間が作れないのは、この中に当てはまることがあれば、是非習慣を見直して新しい自分のためにできることの時間として使ってみてください。

1.比較対象は他人でなく自分

現代はいろいろな情報をいろいろな手段で手に入れることができます。 そんな情報や友人の自慢話にいちいち羨む気持ちを持っていたら、いつまでも満たされることはなく、求め続ける人生になってしまいます。

理想の自分は何でしょう? 何をやって何を持ってどう暮らしていますか?

それが固まれば、他人がUPしたInstagramやFacebookには興味は湧かず、理想の自分を追い求める行動を続けられるはずです。

2.言い訳をやめる

時間がない、お金がない、人がいない、あれがない、これがないなど、人は出来ない理由を考えますが、問題は何が無いかではありません。

出来ない理由を考えるために脳を使う時間があるなら、どうしたら出来るかを考えた方が、有意義な時間になるはずです。

もしあなたが無人島に行った場合、取った魚を食べる時にあれがない、これがないと言っていたら生き抜くことはできません。 ちょっと極端ですが、人が成長するには、その環境で出来ることをやることで、できるようになるということです。 誰しも最初からできる人はいませんから、チャレンジする人と続ける人に可能性が広がりチャンスが訪れるのす。

3.短絡的な思考をやめる

会社勤めをしていると、サボっても給料はもらえます。 しかしそれ以上に収入が増えないので、宝くじなどのギャンブルで一攫千金を夢見てしまいます。

当たった時の自分を想像して、ワクワクしますよね。

しかしその当選確率は2,000万分の1、なんと0.000005%という確率です。 これは成人の髪の毛1人当たり10万本として、100人分の髪の毛の中から1本の当たりを引き当てる確率と同じです。

短絡的な目標はやめて長期的な目標を立て、それを小さく分け毎日階段を一歩ずつ上がるように「小さな成功」を積み重ねていってください。 毎日積み重ねれば1年後には365段も高いところへ登ることができます。

4.他人の顔色をうかがうのをやめる

人は誰かに好かれたいと思うものですが、自分を押し殺してまで上司や、同僚の評価ばかり気にしては誰のための人生か分かりません。 カラスは黒いのに白と言い続けていては、自分が見えなくなってしまい、それが自信の無い自分に追い討ちをかけてしまいます。

そんな人のために生きるような行動はやめ、しっかり自分の考えは人に伝えましょう。 そのカラスは黒と伝えた意思が自信になり、周りからの評価にもなっていきます。

5.有害な人付き合いをやめる

類は友を呼ぶと言いますが、悪い人たちと付き合っていると、自分もその人たちのように染まってしまいます。反対に、成功者たちと付き合うようになれば、あなたもそのように染まるということです。

アメリカの起業家「ジム・ローン」の名言に「あなたが最も長く時間を共にする5人の平均あなたという存在である」というものがあります。

「お前なんかには無理だよ!」「時間ぬ無駄だよ」などと否定的なことを言って発展しない関係だったり、愚痴だけで終わってしまうような場所へ参加するのはやめて、前向きな話ができる環境へ進んで入ることで、前を向いて進めるような関係を作り、お互いのモチベーションをあげてみましょう。

↓詳しくはこちらをどうぞ↓

http://www.masa3blog.tokyo/「人生を変えるため」潜在意識を変える友人5人の/

6.維持することから変化へ

人は安定を求め変化を嫌います。 会社のシステムが変わる時も初めはネガティブな意見が多いですが、慣れとともに無かったことのように自然に取り入れられるようになります。

人が変化を怖がるのは、新しいことを想像している状態の時が一番大きく、スタートすれば慣れてしまいます。

そう、慣れるので問題無いのです。

それを繰り返すことで、新たな発見やスキルアップ、知識といった人から頼られるような存在へと変わっていくでしょう。

7.お金のためだけの仕事を考える

あなたに能力があって、好きじゃ無いけど稼げる。 そして人生で一番大切なものはお金と考えるなら、この項は飛ばしてください。お金は必要なものですが、それだけに囚われていては本質を見失ってしまいます。

お金はあくまで、選択肢を広げるツールに過ぎません。

買い物をする時、育児をする時、様々な時に選択肢を広げてくれます。 しかし、もしあなたにやりたいことがあって、躊躇しているならあなたは輝いて魅力的に見えることはないでしょう。

よく好きなことは仕事にするなと言いますが、好きなことだから辛い時に乗り越えられるのではないでしょうか。 そして好きなことをしてるから輝いて映るのではないでしょうか。 それが結果的にお金に繋がることも往々にあるのです。

8.妥協していた自分を見直す

自分は能力が低いと妥協していませんか。

「こんなもんか」「これぐらいしかできない」と言っているなら、「こんなにできる」「これだけできる」と言ったポジティブな考え方にすることで、「次はこうしよう」「こうしたらもっと良くなる」といった、向上しようとする考えが浮かんでくるようになります。

あなたの人生には希少な経験や、あなたしかしてない経験があります。 あなたの人生の主人公はあなたしかいないので少しでも理想の自分に近づけるために走り続けましょう。   

9.やらないことをやめる

人生の中で挫折を経験することはたくさんあり、そのたびに心は傷つきます。 積み重なりいつの間にか頑張ることやチャレンジすることをやめてしまっていませんか?

「無知は罪」と言いますが、やらないというのは知らないことよりも罪深いことです。

電車内で、お年寄りに気付いていて席を譲らなかったら、後悔が長く残りませんか? そう思えた人は、後悔しないためにもやってみましょう。

やらない後悔よりもやった後悔の方が満足のいく記憶や経験になります。

10.まとめ

生活をしていると無意識に行ってしまっていることが結構ありませんか?

私は複数当てはまることがありましたが、意識を改善してみると、それだけで生活に関する満足度が上がり、日々の生活が充実したものになりました。

全てが必ず全員に当てはまるものではありませんが、目標や夢をスタートする時に早い遅いはありません。

大切なのは「今の自分に残された大切な時間をどう使うか」

もし当てはまる項目があるなら、言い訳はやめて出来る方法を考えてみましょう。 何歳からでも行動することは可能です。

むしろ、100歳寿命時代に50歳も60歳も、まだまだ可能性に溢れているのではないでしょうか。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

関連記事

投稿日

2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。