病気と人生を前向きにしよう!

人生を変えるには?潜在意識を変える友人5人の法則がカギ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

こんにちはmasa3です。

アメリカの起業家、ジム・ローンは、

“You are the average of the five People you spend the most time with.” 

”あなたは、最も一緒に過ごす時間の長い5人の友達の平均になる”
 
Jim Rohn

という言葉を残しています。

あなたの仲の良い5人の人間を思い浮かべて、平均してみると、あなたに近い人間が思い浮かんだのではないでしょうか?

人は人から影響を受けて人格が出来上がり、また周囲の人が変わることで人格が変わっていきます。

なぜこの言葉が人生を変えるのに重要なのか。

そしてこの言葉を使ってどのように人生を変えるのか考えていきましょう。

ある金魚を使った実験があります。

金魚が入った水槽があります。

金魚を片側へ寄せ、その水槽の真ん中へ透明の仕切り板を入れました。

はじめ金魚は透明の板が入った水槽の逆側へ行こうとしますが、行けないことを学習すると今いる場所へ留まります。

その後、仕切り板を外しても、金魚はもとあった仕切り板の逆側へは行こうとしません。

金魚は板があって逆側へはいけないと洗脳されてしまっているのです。

これは心理学用語で

学習性無力感

と言います。

人生を変えるには自分が変わると周りも変わる

この学習性無力感を使った拉致事件が発生している恐ろしい洗脳方法で、金魚と同じように人にも当てはまる効果なのです。

頑張って練習や勉強をしたけど、無理だと思って諦めたといった経験がある人がいると思いますが、その後再チャレンジする人が少ないのは、この効果の影響です。

この効果は周りの人からの影響も大きく、良心からチャレンジを否定したり、止めたりされ

”止めた方がいい” ”無理だよ”

といった身近な人からの思いやりが、時に学習性無力感に拍車を掛ける効果もあるのです。

そうなると自分の心に持っている透明の仕切り板は厚さを増し、自分で考え、行動を起こそうとする気力すら失くしてしまうのです。

周囲の人は悪気があってあなたのチャレンジを止めるのではなく、良心から安心できる方法を考えて助言してくれているのです。

だからこそ、あなたの周りの人の影響は大きいのです。

もしもあなたが、新たなチャレンジをしようとしている場合、今までの環境なら止められて当然かもしれませんが、チャレンジするのが当たり前のグループに属していたなら、当たり前に応援をしてくれるでしょうし、ひょっとしたらサポートやアドバイスもくれるかもしれません。

自分のやりたいことを目指す際、やりたいことを応援してくれる環境へ身を置くことは大切です。

他人を変えるのは容易ではありません。

ですが、自分を変えるのは、自分の努力で如何様にもなります。

そして自分が変わると、周りの人も変わります。

これは変わったあなたを見て影響を受け、変わる友人と、新たな共通意識を持ったメンバーができるという両方の効果が考えられます。

それではそのようにして、この方法を使えば良いのでしょうか。

ん性を変えるには自分がなりたいと思う人の近くへ行く

まず大事なのは、人生を変えたいと思っているなら、尊敬する人や、なりたいと思う人の近くへ行くということです。

その人の考えや行動に影響を受けることで、自然と自分も思考や行動が近くなっていくのです。

例えばサラリーマンと経営者の考え方を比べると

  • 安定した大手企業 ↔︎  起業する
  • 失敗しないこと ↔︎ チャレンジすること
  •  出来ない言い訳 ↔︎︎ 出来る方法
  • リスクを冒さない ↔︎ リスクを最小にする
  • 他責 ↔︎ 自責

といった具合に正反対の考え方を持ち、今考えている当たり前は、環境次第では当たり前ではなくなるのです。

目標があったり、自分を変えたい、前向きに生きたいと考えを持っているなら環境を変える行動を起こしましょう。

人生を変えるには本や動画から学ぶ

周りに尊敬する人や、成功者がいないといった人も多いのではないでしょうか。

そういった場合、便利なのが書籍や、動画を見ることで、著名人や成功者の近くへ行くことができます。

急に人間関係を変えることができなくても、著名人の考え方や、行動から成功までの話を見て聞いて感じることで、影響を受けることができるのです。

毎日継続して見聞きすることで、孫正義やビルゲイツ、マイクザッカーバーグが近くにいるのと同じ状況を作ることも可能です。

歴史上の人物など、現在存在しない人の考え方を、知ることができるのも書籍の利点です。

だからこそ多くの成功者は本を読むのです。

実際にビルゲイツは、月に50冊の本を読み、成功者の75%は1ヶ月に2冊以上の本を読んでいるというデータがあります。

成功している人は常に本から様々な情報を得て、知識の向上を続けているため、成功し続けることができるのでしょう。

もし、環境や人間関係を変えるのが難しい場合、本や動画を使って新たな環境を築いてみると一歩成長ができるはずです。

まとめ

人生を変えるためには、身近な人間から影響を受ける効果と、方法をお伝えしました。

しかし、注意していただきたいのは、環境のせいにして行動しないことです。

もし、今いる環境で何も行動せず、何も得ていないのに不満ばかり出てくるようでしたら、まずは環境を改善する努力や行動をしてみてください。

先にもお伝えしましたが、出来ない理由を考えるのではなく、どうしたら出来るのかを考え、行動することができなくては、新しい環境を作っても状況は変わりません。

毎日の習慣があなたを作るように、取り入れた情報があなたの考え方や知識、行動を作るのです。

そして、周りから多くを吸収するような努力と、自分自身を変える努力を続けることで徐々に自分が変わり、周りが変わるのが実感できるはずです。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

関連記事

投稿日

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。