病気と人生を前向きにしよう!

マクロミルのポイント交換は?交換先の全ての方法を解説します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

こんにちはmasa3です。

アンケートに答えてお金を稼げるマクロミルは、コツコツ続けると、アッという間にポイントが貯まっています。

いざ「ポイント交換をしよう!」としたときに、

  • どんな種類があるのか?
  • いくらから交換できるのか?
  • 期間や手数料はどのくらいかかるのか?

気になることがありますよね。

今回は、貯まったポイント交換について解説していきます。

一覧だけすぐ見たいという方のために、交換先の一覧と各種情報を貼っておきます。

詳細は各項目をご覧ください。

交換先 お届け方法
到着時期
交換レート
1回の申込交換上限
銀行振込 登録の銀行口座に振込
5000ポイント
翌月20~25日
1ポイント=1円
Amazonギフト券 メールでギフト券番号通知
翌月20~25日
1ポイント=1円
5000ポイント
PeX PeXポイントで加算
随時
1ポイント=10PeX
5000ポイント
Tポイント Tポイントへ加算
翌月15日以降
1ポイント=1T
ポイント 5000ポイント
Gポイント Gポイントとして加算
翌月15日以降
1ポイント=1Gポイント
5000ポイント
商品交換 登録住所へ郵送
申込から2週間以内

仮想通貨 Coincheck口座へ仮想通貨で
即日
500ポイント=時価
5000ポイント
寄付 マクロミル名義でまとめて
即日
1ポイント=1円
5000ポイント

かなりのボリュームになっているので、気になる項目をがある場合は目次をクリックしてください。

マクロミルはポイント交換先が豊富

ポイントが貯まったら何に変えたいですか?

マクロミルのポイント交換は種類がとても豊富です。

さらに、ポイント交換をするのに魅力なのが

”交換するための最低金額は500円(初回一部300円)”

からと低額なうえに

”手数料が無料!”

というハードルの低さです!

「どうせポイントなんかなかなか貯まらないんでしょ」

と思う方でも心配いりません!

「事前アンケート」2~10ポイントのアンケートをコツコツやってると、10~100円の高ポイントがもらえる「本アンケート」も届くので、ちゃんとアンケートに答えていれば交換できる金額に届きやすいんです。

マクロミルのポイント交換詳細

マクロミルのポイント交換:銀行振込

マクロミルが対応している銀行はこちらです。

  • ジャパンネット銀行
  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 楽天銀行
  • ゆうちょ銀行

ちなみに複数口座には振込ができないので、別の口座へ振込したい場合は登録の銀行口座を変えるしかないようです。

もしも、ポイント交換をしてマクロミルを退会した場合、依頼さえしておけば退会後の翌月20日以降にちゃんと振り込まれます。

お届け方法 登録銀行口座に振込
お届けタイミング 翌月20日以降
交換レート 1ポイント=1円
最低交換額 500ポイント(初回300ポイント)
ゆうちょ銀行のみ1000ポイント
1回の申込みポイント交換上限 5000ポイント

マクロミルのポイント交換:Amazonギフト券

Amazonギフト券の交換を希望する人は、依頼した翌月の20~25日にメールで届きます。

ということは、ポイント交換の依頼をしてもギフト券が到着するまでの間にマクロミルを解約してしまうと ”メールが届かなくなってしまう” ことになります。

つまり、マクロミルを退会するならギフト券を受け取ってからにしないと、ギフト券をもらえなくなってしまうので、もしも「Amazonギフト券に交換して退会しよう」と思うなら、メールが届くまで待ってから退会するようにしましょう。

お届け方法 メール
お届けタイミング 翌月20日以降
交換レート 1ポイント=1円
最低交換額 500ポイント(初回300ポイント)
1回のお申込みポイント交換上限 5000ポイント

マクロミルのポイント交換:PeX

「そもそもPeXってなに?」という方へPeXについて解説しておくと、PeXとは ”ポイントの交換サイト” です。

PeXと提携しているおこづかいサイトやアンケートサイトのポイントをすべてひとつにまとめることができます。

PeXでポイントを持っておくと、好きなポイントへ交換ができるという利点があるので、複数のサイトでポイントを持っている人にはポイントをまとめることができてお得です。

さらに交換依頼をするとすぐにPeXポイントへ移行されるのでそれもメリットですね。

お届け方法 PeXポイントとして加算
お届けタイミング 即時
交換レート 1ポイント=10PeXポイント
最低交換額 500ポイント
1回のお申込みポイント交換上限 5000ポイント

マクロミルのポイント交換:Tポイント

Tポイントはポイント制度のパイオニアとして知名度の高いポイントです。

利用先はたくさんあり「1Tポイント=1円」で買い物に利用できる上に、利用先は国内にとどまらず

  • バリ島
  • グアム
  • ハワイ
  • タイ
  • シンガポール
  • 韓国
  • 中国

でも利用ができるのがメリットです。

お届け方法 Tポイントとして加算
お届けタイミング 翌月15日以降
交換レート 1ポイント=1Tポイント
最低交換額 500ポイント (初回300ポイント)
1回のお申込みポイント交換上限 5000ポイント

マクロミルのポイント交換:Gポイント

Gポイントとは、KDDI、BIGLOBEの運営するポイントサイトです。

国内の大手企業を中心に流通系のポイントや主要電子マネー、航空マイルなど140社と提携している国内最大規模のポイント交換サービスがあり、2001年から15年以上続くサイトです。

会員数も400万人を突破して大手ポイントサイトとして知名度を上げています。

魅力は、買い物、旅行以外にも

  • ゲームを楽しむ
  • 口コミを投稿する
  • ニュースをクリックする

日々利用することでポイントがもらえ、「1G=1円」相当で好きなポイントに交換して使えるというメリットがあります。

お届け方法 Gポイントとして加算
お届けタイミング 翌月15日以降
交換レート 1ポイント=1Gポイント
最低交換額 500ポイント (初回300ポイント)
1回のお申込みポイント交換上限 5000ポイント

マクロミルのポイント交換:商品交換

マクロミルの商品交換は、食品から家電、宿泊券まで、豊富にアイテムが揃っています。

低ポイントで交換できるのでは700~800ポイントくらいから、高ポイントの交換商品は、100000ポイント以上のものがあり、高級ホテルの宿泊券、出張寿司、ルンバなどがもらえます。

お届け方法 登録住所へ郵送
お届けタイミング お申込みより2週間以内

マクロミルのポイント交換:仮想通貨

仮想通貨への交換はコインチェックが対応しています。

仮想通貨というと「まだ信用度にかける」という人もいるかもしれませんが、仮想通貨の中でもビットコインは将来大きな資産になると注目されているため、長期的な投資として魅力のある運用先の一つです。

さらにコインチェックは、日本で初めてビットコインで「電気料金・ガス料金」を支払えるようにしたため、生活費として利用できるのもメリットです。

すぐにポイントが移行できるのも良い点ですね(^ ^)

ただし、仮想通貨へポイント交換したい場合はコインチェックの口座を持っていなければなりませんので、あらかじめ口座解説しておきましょう!

お届け方法 Coincheck口座に仮想通貨として加算
お届けタイミング 即日
交換レート 500ポイント = 時価
最低交換額 500ポイント
1回のお申込みポイント交換上限 5000ポイント

マクロミルのポイント交換:寄付

マクロミルの良いところは寄付もポイントで行えるというところ。

給与から寄付をする人は少ないですが、ポイントからなら気がねなく困っている人へ手を差しのべることができますね。

寄付ができるのはこちらです。

  • 日本赤十字社
  • ユニセフ
  • 国境なき医師団
  • WWF(公益財団法人世界自然保護基金ジャパン)

「領収書の発行ができない」「税金控除の対象にならない」ということには注意が必要です。

お届け方法 マクロミルがまとめて
マクロミル名義での寄付
お届けタイミング 即日
交換レート 1ポイント=1円
最低交換額 1ポイント~
1回のお申込みポイント交換上限 5000ポイント

ポイント交換の方法

では実際にポイント交換をしてみましょう。

マクロミルのポイント交換はTOPページ中段の左側、上の画像の赤いワク「ポイント交換申込み」から入ります。

ポイントが交換金額まで達してなくも見ることはできるので、「何に交換しようかな!」とイメージしておくのは、ポイントで稼ぐモチベーションのためにもオススメです(^ ^)

ポイント交換の手順1:ログイン

ポイント交換ページへ進むには、本人確認が必要です。

【パスワード】
【第2パスワード】
【生年月日】

を入力します。

入力が終わったら、「送信ボタン」をクリックすれば商品交換の申し込みページに移ります。

多くの人がここで「パスワード忘れた!」となるわけですが、手続きは簡単なのでパスワードを忘れてしまった場合の解決用法を貼っておきます。

ポイント交換の手順2:ポイント交換ページ

無事にパスワードの入力が終わって商品交換ページに移ることができたら、いよいよ交換する商品を選んでいきましょう。

ここはそれぞれ項目別に手順を解説していきます。

商品と交換

ポイント交換交換したいものが商品の場合は、「商品と交換」ボタンをクリックします。

商品交換ページから好きな商品を選ぶことができますが、商品が豊富にあるので迷ってしまいます。

決まったポイント数しかない場合は、そんなに迷うことはないでずが。。。

商品交換ページは

  • カテゴリから選ぶ
  • ポイント数から選ぶ
  • 人気商品から選ぶ
  • 特集から選ぶ
  • オススメから選ぶ

など、選びかたは豊富にあるのでどんなものがあるか一度見てみると良いかもしれません(^ ^)

では、カレーを選んでみましょう!

美味しそうですね(^ ^)

商品を選ぶと詳細画面に移るので、赤いワク内の「数量」を選び「カートに入れる」をクリックします。

他にも交換したい商品があれば引き続き商品を選びます。

送料はポイントに含まれているので、送料がかかる心配はありません。
なので別メーカーの商品を同時に選んでも、そしれぞれのメーカーから送料無料で直送されます。

今回はカレーだけにして画面右下「交換手続きへ進む」をクリックします。

続いて送り先の住所確認です。

画面左、赤いワクの「交換お申し込み者様情報」の住所が間違いないか確認します。

間違いなければ、右下の「お申し込み内容確認へ」を」クリックしましょう。

ちなみに、このページで送り先の変更はできないので、もしも送り先を変更したい場合、登録情報の変更が必要です。

最後に商品情報と送り先住所を確認して間違いなければ注文を確定して終了です。

あとは2週間程度、到着を待つのみです♪( ´θ`)

ポイントまたは銀行振込と交換

現金やポイントと交換した場合はこちらの項目から手続きを行います。

交換したい各項目の左側の赤いワク内の「チェックボックス」へチェックを入れ、「ポイント数」を選びましょう。

ポイント交換額はプルダウンになっています。

  • 300
  • 500
  • 1000
  • 1500
  • 2000
  • 3000
  • 4000
  • 5000

ポイントは交換先によって多少違います。

特にこのふたつ

  • ゆうちょ銀行に振り込むには1000ポイント以上
  • PeXへ交換する際は初回でも500ポイント以上が必要

「あれおかしいな?」とならないようにしましょうね。

では交換したい項目の左側の「チェックボックス」へチェックを入れ、交換したい「ポイント数」を選んだら、画面下の「ポイント交換申込み内容確認」をクリックします。

銀行振込の場合

入力内容は以下です。

【ポイント振込先銀行】対応銀行からプルダウン選択
【支店番号】カードや通帳を確認
【口座番号】カードや通帳を確認
【口座名義】カタカナ入力

入力が終わったら画面下の「確認」をクリックします。

銀行口座情報の内容確認が表示されるので、間違いがないか確認して大丈夫なら「登録」をクリックします。

ポイント交換申込みの内容確認が表示されるので、内容に間違いがないか最終確認して、問題がなければ「ポイント交換申込み」をクリック。

あとはマクロミルからポイント交換の確認メールが送られてくるので確認して、翌月振り込まれるのを待つのみです♪

PeXへ交換

PeXはポイント交換前にマクロミル経由でPeXへの認証が必要です。

PeXに登録してる「メールアドレス」「パスワード」を入力し、「認証」をクリックで登録は完了です。

あとは「ポイント交換申込み」へ戻れば連携は済んでいるので、PeX項目の左の「チェックボックス」へチェックを入れ、交換したい「ポイント数」を選んだら、画面下の「ポイント交換申込み内容確認」をクリックすると、ポイント交換申込みの内容確認が表示されます。

交換ポイントなどに間違いがないか最終確認して、問題がなければ「ポイント交換申込み」をクリック。

あとはマクロミルからポイント交換の確認メールが送られてくるのと同時にPeXへポイントが入っています♪

他ポイントへ交換

他ポイントへ交換したい場合、それぞれポイント登録が必要です

Tポイント

交換には「Yahoo!JAPAN ID」の登録が必要です。

Gポイント

交換にはGポイントの登録が必要です。

仮想通貨と交換

仮想通貨へポイント交換したい場合、まずはコインチェックの口座開設をしておく必要があので、口座をお持ちでない方は右上の赤いワク「こちら」から口座開設ができます。

口座開設が完了してれば、画面右の赤いワク「こちらよりCoincheckとのアカウント連携を行なってください」をクリックして、マクロミルとCoincheckを連動させます。

この際に注意することは、マクロミルとCoincheckそれぞれに登録している

  • 生年月日
  • メールアドレス

2つとも一致していないと登録を進めることはできないので注意しましょう。

連携が終わったら、「次へ」をクリックして元の画面に戻り、画面下の「仮想通貨と交換」をクリックします。

交換したいポイントを入力して完了です。

あとはマクロミルからポイント交換の確認メールが送られてくるのと同時くらいの早さで口座へ送金されます♪

ちなみにTadacoinを利用してcoincheck口座を開設して5,000円以上の取引をするだけで1200円相当の仮想通貨が貰えるので、よりお得に仮想通貨を貯めることができます。

サービス内容を見てみたい方はこちらからぞうぞ

Tadacoin コインをお得に貯める・無料でお小遣い稼ぎできるポイントサイト

ポイントを寄付する

ポイントから寄付したい場合、ポイントは1ポイント=1円から可能です。

希望の寄付先を選んだら、画像左側の赤いワク内の「チェックボックス」にチェックを入れ、寄付したいポイントを入力します。

寄付は1項目ごとにしかできないので、複数へ寄付したい場合は1つの手続きが終わってから行いましょう。

入力が終わったら、画面下の「ポイント交換申込み内容確認」をクリックします。

最後に交換先と交換ポイント数を確認して間違いなければ、画像下の「ポイント交換申込み」をクリックして申し込みは完了です。

マクロミルのポイント交換をお得にする方法

マクロミルでポイント交換するには、どれも手数料がかからないのでお得です!

ただ、「もっとお得にポイント交換をしたい!」なら

  • PeX
  • Gポイント

を利用した商品交換がお得です。

PeXへのポイント交換

PeXへポイントを交換するしてからAmazonギフト券に交換すると、マクロミルからポイント交換するよりも、少しお得にポイント交換をすることができます。

マクロミルをPeXへ交換する場合、500ポイント=5000PeXポイントに交換ができ、PeXからamazonギフト券へ交換する際の手数料は無料で行えます。

そしてPeXからAmazonギフト券へ交換する場合、990PeXポイントでAmazonギフト券100円に交換が可能です。

1%の還元ですが、クレジットカードの還元率が1%でも高いので、積み重なると大きな差になりますね

Gポイントへ交換する

GポイントからAmazonギフト券へ交換する場合も、マクロミルからAmazonギフト券へ交換するよりも少しお得にポイント交換が可能です。

マクロミルをGポイントへ交換する場合、500ポイント=500Gポイント(初回は300ポイント)に交換ができます。

そしてGポイントからAmazonギフト券へ交換する場合、98Gポイントで100円分のAmazonギフト券と交換できます。

つまり、マクロミルでAmazonギフト券を500分交換する場合、500ポイント必要なのに対して、Gポイントを利用すれば490GポイントでAmazonギフト券500円分と交換することが可能です。

約2%のお得ということですね

Gポイントはポイント交換の際に手数料がかかってしまします。

しかし、手数料を実質ゼロにする「手数料還元サービス」があり、Gポイントの対象ショップやサービスを利用すると、一部ポイント交換のときに必要な手数料が戻ってきます。

交換申請の前月1日から4か月後の末日までに1回でも利用すればいいので、それほどハードルは高くありません。

最後に

いかがでしたか?

全てのポイント交換が手数料無料

お得にポイント交換するならPeX・GポイントからAmazonギフト券

ポイントを何に使うか決めて、目標に向かってポイ活を楽しみながら、お小遣いを増やしましょう(^ ^)

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

関連記事

Twitterをフォロー

テキストのコピーはできません。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。