病気と人生を前向きにしよう!

「平均の法則」を知るだけで圧倒的に人生を後悔しなくなる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

こんにちはmasa3です。

生きていると「頑張っても人生うかばれない…」と思うことって少なくないですよね。

そんなことが積み重なると、いつの間にか挑戦することが怖くなり、頑張ることや挑戦することから逃げることばかりを考えてしまう人生になってしまいます。

挑戦するケースはいろいろありますが

例えば

  • 成績
  • 受験
  • 習い事
  • 部活
  • クラブ
  • サークル
  • 就職
  • 恋愛
  • グループ

少しでも成功を積み重ねて後悔しない人生にしたいところです。

しかし、努力が報われないからといって挑戦をやめてしまうのは少し気が早いかもしれません。

なぜなら、「一定の行動さえ繰り返せば、一定の確率で成功できる」という全ての人に平等な法則があるんです。

これが「平均の法則」といい、どんな条件を飲み込んで、成果が出るという法則です。

挑戦をやめてしまうと結果が無くなり、成功の可能性も無くなってしまいます。

人生を後悔しないための平均の法則とは?

もしも諦めず、挑戦さえ続けられれば、いつか成功することができるということが言えると思います。

これが「平均の法則」と言い、同じ条件で同じことを何度も繰り返すことで、常に一定の結果が出るという法則のことです。

例えば

就職活動をスタートして何回か面接をしてみたけど、一向に合格が出ず心が折れてしまい

  • 「自分には無理だ…」
  • 「就職浪人しようかな」
  • 「フリーターでいようかな…」

自暴自棄になってしまいます。

それが本命になればなるほど、心が折れてしまいがちですよね。

しかし適性はあれど、その不合格という結果は受験者の大半が味わっている結果です。

それが大手企業になればなるほど、何万人という応募から数人〜数十人程度の合格者が出る程度、不合格者の方が圧倒的に多いということです。

平均の法則はどう使うの?

もし、1万人の応募者から100人しか受からないとしたら、落ちる人は9800人もいます。

合格率は1%なので、大手企業を受け続けている人の場合、あなたが3社受けたとしても3%の合格率でしかありません。

もちろん、資格や学歴なども重要視されますが、面接官が何よりも重視するのは、面接時の本人です。

戦わずに諦めてしまってはいつまでたっても100人に選ばれることはできません。

そう、大事なのは継続してチャレンジをしていると「いつかは成功する」というという ”前向きな気持ち” なのです。

つまり同じことを何度も繰り返せば、常に一定の結果を出せるということを理解し

行動→結果→改善→行動

を続け質を上げることで成功する可能性は格段に上がっていくのです。

平均の法則はどんな時に使えるの?

この行動し続けるということは、ただ思考停止状態で続ければいいというものではありませんが、続けることで得られる効果の大きさについて説明してきました。

この法則はあらゆる状況で成り立ちます。

受験、恋愛、就職、資格、昇進、趣味、起業・・・

この法則が素晴らしいのは、様々な条件を全て受け止めて、一定の成果を生み出してくれる ”黄金の法則” です。

例えば

恋愛の場合、

  • 「顔が悪いから...」
  • 「身長が低いから」
  • 「異性と話すと緊張してしまう...」

などとネガティブな意見が出てくると思いますが、この「平均の法則」はそんな条件を全て受け入れた上で、行動を繰り返すことで成功へと導いてくれるのです。

もしも、挑戦するたびに改善することができたら確率は飛躍的に上がり ”ダイヤの法則” に狩るかもしれません!

平均の法則は続けるとどうなる?

では平均の法則を続けていくとどうなるのかですが、一つわかっていることは

「続けることで、一定の成果が生まれる」

ということ。

さらに、経験が積み重なることでスキルは上がり、初めに難しいと感じた挑戦が、普通に感じあるいは簡単に感じるようになっているでしょう。

例えば

就職活動をした場合、1社目の面接と10社目の面接ではどのように変わってくるのでしょうか?

1社目では

  • 緊張して何を言っているか分からなくなるかも
  • 予想外のの質問が来た時にはアタフタしてしまうかも
  • 挙動不審になってしまうかも

周りの状況なんて見る余裕ないですよね。

10社目になると

予想外の質問が来ても9社分の経験があるので、ある程度答えることは難しくないでしょうし、むしろ予想外の質問に慣れているかもしれません。

さらに話し方や所作も上達し、会話にも自然に笑顔が出てきてかなり慣れているはずです。

積み重ねることで確率が上がるのが「平均の法則」の特徴ですが、経験を重ねスキルが身につくことで難易度を下げることができています。

そして、行動し続けたことで相性の合う会社にめぐり合うことができるのです。

もし10社受けて、そのうち1社に合格できたのであれば、50社受ければ5社...いやスキルが身についているのでそれ以上の合格率となるかもしれません。

きっとその経験や自信は社会に出てからも役に立つことがあると思います。

まとめ

社会には

  • 異性にフラれた
  • 面接で落とされた
  • 試験に落ちた

など、多くの「拒絶」を経験する機会があります。

おそらく、ほとんどの人が「拒絶される経験」の方が圧倒的に多いかもしれません。

それはとても辛い経験ですが

行動をとる回数が増えるほど

拒否される回数が増えるほど

確実に成功へと近付いていることを意識しましょう。

目標があるなら諦めずにチャレンジし続けましょう!

たとえ上手く結果が出なくても諦めてはいけません。

なぜなら平均の法則は拒絶は当たり前のこと、拒絶の積み重ねが成功への一歩近なのです。

多くの人はこの法則をを知らないために途中でくじけてしまうのですが、続けていれば確実にゴールに近付けるのです。

諦めず挑戦し続ければ、どこかで必ず成功します。

これは確率の問題です。

言い訳を言って逃げている自分や、大切な人を見かけたらこの法則を思い出してみてください。

きっと諦める人が減るはずですから。

最後までご覧いただきありがとうございました(^ ^)

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

関連記事

Twitterをフォロー

テキストのコピーはできません。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。