病気と闘いながら人生を前向きに

治験とは?もらえる報酬は?実は知らない費用や報酬について徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

治験バイトをする時に、いちばん気になるのが「どのくらいの報酬がもらえるのか?」という疑問でしょう。

治験バイトでもらえるバイト料は「協力費」という名前で支払われることが多くなっています。

治験バイトは割がよいというイメージが強いかもしれませんが、実際にはどのくらいの費用、報酬がもらえるのでしょう?

ここでは治験の費用についてまとめてみましょう。

新薬の試験|治験とは?

治験とは、健康な成人や、対象の疾患を持っている人に対し、薬の候補となる成分を実際に使用してみて、その効果や安全性、治療法などを確認する目的で行われる臨床試験のことをいいます。

病気を治すために欠かせない薬ですが、薬として承認されるためには、長い道のりが必要です。

まず、薬の候補となる物質を選び出して、動物や人で実際に作用、効果、安全性などを詳しく調べなければなりません。

そこで、きちんとした安全性、効果、治療法(用法用量、投与方法など)が確立できたら、晴れて薬として認められ、世の中に出ていくのです。

薬を開発している製薬会社では、薬の治験結果を持って厚生労働省に申請を行い、患者さんに実際に使うことができるようになるわけです。

治験と一言でいっても、通常は3つの段階に分けられます。

治験の第一段階「第Ⅰ相試験・フェーズⅠ」

第一段階は第I相試験と言われ、フェーズIとも呼ばれます。

この第I相試験では、少人数の健康な成人志願者を対象に、ごく少量の治験薬の投与を行って、治験薬が体内でどれくらい吸収されて、どれくらいの時間で体外へどのように排出されるか?といった安全性を調べます。

治験の第二段階「第Ⅱ相試験・フェーズⅡ」

第二段階は、第Ⅱ相試験、またはフェーズⅡと呼ばれ、少数の患者に治験薬を使用します。

効果が期待できそうな少数の患者さんに、

・病気を治す効果はあるか?
・どのような効き方をするのか?
・副作用はどのようなものがでるのか?
・どの程度なのか?

などを確認し、同時に投与方法や投与量についても調べていきます。

治験の第三段階「第Ⅲ相試験・フェーズⅢ」

第三段階は、第Ⅲ相試験、またはフェーズⅢと呼ばれ、いよいよ多数の患者さんに治験薬を使用していきます。

多数の患者さんで治験をすることで、その効果、安全性をより明確化していくため、最終的な確認段階と言えるでしょう。

治験で確認された薬の候補は、厚生労働省で審査されますが、審査と承認には1~2年程度の長い時間がかかるのです。

治験バイトとは|新薬開発ボランティア

治験バイトは治験に参加する人のことであり、ボランティアの一種です。

ただし、ボランティアではあるもののタダで協力するわけではありません。

治験を受けたときには、負担軽減費や協力費と表現される報酬をもらうことができるうえに、給与所得のように源泉徴収の対象にはなりません。

ただ負担軽減費は、税制上は雑所得に分類され、年間で20万円を超える場合には確定申告が義務付けられています。

給与所得とは申告方法が違うので注意しましょう。

治験バイトの種類

治験バイトには、通院で参加するものと、入院して参加する2つのタイプがあります。

通院の場合は入院に比べて、1日のうち自由な時間は多いですが、長い期間が必要な場合が多いです。

頻度は、1週間に1回の通院というものもあれば、1ヶ月に1回の通院などもあります。

入院の場合、入院期間は数日~1ヶ月程度と、それぞれの治験内容によって幅広く、入院中はきちんとした時間管理のもとで生活することになります。

食事はもちろん、起床時間や就寝時間も徹底されますし、飲酒や喫煙、外出もできないでしょう。

定期的にどのような効果が、どのように現れているか、を確認していくことになります。

治験バイトの費用はどれくらい?

治験バイトの費用は負担軽減費、協力費として支払われますが、一般的なバイトに比べると高収入なため、割の良いバイトを探している人には、非常におすすめです。

通院する治験バイトであれば、1回あたり7,000~10,000円前後が相場といわれています。

入院による治験バイトは、拘束時間が長く大変なので、1日当たり1~3万円とかなりの高額相場になっています。

例えば、4泊5日の入院を行った場合、5~15万円もの謝礼金費用をもらえることになるため、高収入が見込めますね。

報酬はリスクの高さと捉えよう

基本的に謝礼金の費用は、想定される副作用によって金額が変わってくるといわれています。

つまり、副作用が出る可能性が高いものに関しては、謝礼金も高くなるということになります。

新薬の開発においては、何度も安全性が確認された後に最終的な臨床試験が行われています。

そのため、重篤な命にかかわるような副作用は基本的にはないものの、副作用がまったくないという確証はありません。

謝礼金が高いバイトは非常に魅力的ではあるものの、他に比べてあまりに高い謝礼金の場合は、それだけリスクがあるということは覚えておいた方がよいでしょう。

また入院期間が長い場合や、頻繁に採血を行う必要があるというバイトにおいても、副作用頻度は少なくても謝礼金の設定が高くなっているケースが多いでしょう。

治験バイトへの登録や健康診断には費用がかかる?無料?

治験バイトに参加するためには、治験バイトを募集している専門のサイトに登録しなければなりません。

基本的にはネットで募集されており、サイトに登録することで治験バイトを簡単に始めることができます。

サイト登録にかかる費用などは無料ですが、住所や電話番号、生年月日などのプライバシーに関わる情報を入力しなければならないため、信頼できるサイトに登録するべきでしょう。

募集のサイトはいくつかありますので、比較してみると良いですね。

登録しても必ず参加できるとは限らない

治験へ参加するには、その治験バイトの条件を満たす必要があり、年齢、性別、健康状態などの条件が合致していなければ参加はできません。

バイトをする上では、治験に参加できるか、参加しても問題はないかをまずはチェックしなければならないので、健康診断を受けることになります。

この健康診断にかかる費用も全て無料ですが、健康診断を受けた後には、体にどのような影響がでるかの検診も受けなければなりません。

この検診費用も全て無料ですので、治験バイトをする際にかかる費用、出費については特に考慮する必要はありません。

ただし、募集要項によっては通院にかかる交通費は自腹という場合も多くなっているため事前に確認しておきましょう。

通院費がかからない、自宅から近くの病院で行われている臨床試験であれば特に問題なさそうですね。

また、基本的には治験をすると、次の治験までは一定の期間は治験が受けられない「休薬期間」が設けられているため、以前に治験に参加したことがある場合は、合わせて確認しておきましょう。

治験バイトをする上でデメリットは把握しておこう

治験バイトは、高収入の報酬が得られ、特に自腹の費用も発生しない魅力的なアルバイト(ボランティア)です。

しかしメリットだけではありません。

もちろんデメリットも存在するので、きちんとデメリットを把握した上で、するかどうかを決めるべきです。

治験のデメリット:一定の制限が設けられる

まずデメリットとなるのが、一定の制限を課せられるということです。

条件によって限度は違うものの、日常とは違う管理下のもとで生活しなければならない場合もあるため、少なからず制限を受けることにはなります。

例えば、飲酒や喫煙はもちろん禁止で、スマートフォンなどの携帯電話の使用も制限される場合があります。

使用可能な時間が設けられる場合もあるので、その点に納得しなければ参加はできません。

人によってはその制限が大きなストレスになってしまうこともあるので、その制限に耐えられるかどうかはよく考えましょう。

定期的な採血の痛み

また採血をされるという点もデメリットになります。

臨床試験の内容によって採血される頻度は異なりますが、基本的に入院の新薬開発の場合において、採血はほぼ毎日行われることになります。

採血が苦手という方にとってはかなりつらいので、この点は覚悟しなくてはなりません。

まとめ

治験バイトでもらえる費用は、他のアルバイトに比べても高額です。

また、参加によって発生する費用は特にないので、高収入アルバイトをお探しの方には非常に魅力的なバイトですが、リスクがあることは忘れずによく考えた上で参加しましょう(^ ^)

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

関連記事

投稿日

2020年6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。